ブログ

おうちダイエット

投稿日:

家の中のものを整理しよう

以前、レンタル倉庫に関する内容で、倉庫に入っているものの価値は倉庫の賃料に見合ったものか?という内容で記事を書きましたが、今回はそれと同じような内容になりますが、お住いにあるモノについてです。
ついつい「もったいない」という思いで捨てられないモノって意外と多いですよね。

不用品回収でお客様の家にお邪魔したときに感じること。
家賃が高いところに住んでいる人ほど、部屋の中にある物が少ない。すぐに捨ててしまってもまた買い直す事ができる経済力があるというところもあると思うけれど、スペースの価値をわかっているというところも大きいと思うのです。
引っ越しをしたことがある人はわかると思いますが、家の中の荷物の量は差はあるかもしれませんが、乗用車で運べるくらいものが少ない人は稀だと思います。大抵の方はトラックで運ぶ量の荷物があることでしょう。例えば、3LDのお住まいで考えてみましょう。すべての荷物を一部屋にまとめられますか?仮に一部屋に入ったと仮定して、部屋の面積あたりの家賃を算出してみてください。家賃が10万円であれば、その部屋の賃料は25000円くらいでしょうか?もちろん生活するには最低限の必要用品が要りますから、こんなに単純な事ではないですけれどね。
よく、数ヶ月使っていないものは無くても構わないものだなんて言われ、断捨離の対象になりますが、今度はそういったものを部屋にまとめてみてください。
すでに物の仮置部屋になってしまっている部屋もある方もいますよね。
レンタル倉庫でなく部屋でも同じことが言えます。不用品を置いておくスペースにもお金がかかっているということです。何年もそこに置いてあるだけのモノ。そのスペース分の賃料はもったいなくないでしょうか?
1万円分のスペース✕12ヶ月=12万円/年です。そこに置いてあるものはそれだけの価値があるものですか?そんな風に考えられれば、断捨離が進むのでは?
同じ間取りでも、不用品がなくなれば広々有効に使えるし、一部屋少ない間取りの家にすれば家賃も安くなります。同じ家賃なら駅に近い便利なところに住めたりもするでしょう。

災害時に必要になる物の備蓄

最近では災害も多く、被災した人たちからは支援が遅いとか、支援物資が届かないなんて声が聞こえて来ています。
不用品を手放し、災害に備えて備品を備蓄することも可能になるでしょう。
同じスペースに物を置くなら、そうした有効な使い方が出来るようになれば尚良しではないでしょうか?
 
 

 

-ブログ
-, , ,

Copyright© 不用品回収のクレッシェンド , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.