ブログ

災害時に備えて

投稿日:

バックアップ

この所、各地で災害が起きていますが、災害時の備えは出来ていますか?




レンタル倉庫・トランクルーム

前回のブログででレンタル倉庫は無駄になっていることが多いという記事を書きましたが、今回はレンタル倉庫の活用法について書こうと思います。

 

レンタル倉庫を利用されている方は非常に多いと思いますが、どのような場所に借りていますか?

自宅の近くですか?
仕事の材料や道具を入れるために職場の近くでしょうか?
遊び場の近くですか?

家で使う家財などは自宅に近いところを利用する方が多いのでは?
後は利用料金で選ぶ場合も有るでしょう。

でも、その場所の立地を考えたことはありますか?
住宅もそうですが、便利さや料金は考えますが、立地を考慮している人は少ないような印象をうけます。



場所選び

前回のブログででレンタル倉庫は無駄になっていることが多いという記事を書きましたが、レンタル倉庫を借りるなら災害時に備えた備品の収納にも活用してみてはいかがでしょう?

そのためには、まずは場所選び。

せっかく備品をストックしておいても、自宅と近い場所や、離れていても同条件の場所では備品も同じように被害にあってしまいます。
例えば、自宅が海抜ゼロメートル以下の地域や河川の水面レベル以下の地域の場合、水害にあってしまうと備品も水没してしまうことになります。

交通手段が途絶えても徒歩で行ける距離にするのも重要かな?

そんなことも考えながら場所選びをしてみても良いかなと思います。

備蓄品

災害が多いにもかかわらず、防災用品や生活用品を備蓄している人は意外と少ないようです。

日頃から使用しているものを意識しながら、それが無くても生活できるのか?
なければ非常に困るのかを考えながら備蓄品をリストアップしてみてください。

必要備品の優先順位が決まったら、購入して倉庫に保管です。

補足

パソコンのデータなどもコピーするなどして、バックアップデータを2箇所以上に保管しておくのがおすすめです。

データのバックアップをしている人は多いと思いますが、自宅内や社内など、メインのデータと同じ場所にバックアップデータがある場合には、災害時にはバックアップデータも失うリスクが高いです。

特に重要なデータはクラウドを使うか、2箇所以上の場所に保管するのがおすすめです。




-ブログ
-, , , , , ,

Copyright© 不用品回収のクレッシェンド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.